沖縄県いりおもて島の最高級春ウコンをつかって生の春ウコンに近い、乾燥パウダーを作りました。

うきうきウッキンの販売をご希望の方はこちら
生産者さんのインタビュー動画はコチラ
●ウッキン生産者「石原和義」さんのインタビュー動画はコチラ
●クリックすると記事が読めます。
●クリックすると記事が読めます。

琉球王国の時代には、自生の天然春ウコンは長寿薬として、砂金と交換されるほどの貴重品で した。
沖縄の人々は世界で最も長寿と言われていますが、昔から滋養強壮のために飲んできたのが春ウコンでした。

ウコンとは、ショウガ科の多年草の植物であり、花をつける時期によって春ウコンや秋ウコンなど、いつくかの俗称があります。しかし、一般的にウコンと呼ばれているものは秋ウコンを指していて、春ウコンは別名「キョウオウ」という名前の植物であり、それぞれは別の植物であります。そのため、春ウコンと秋ウコンでは保有成分量などの特徴も異なります
秋ウコンと比べて、春ウコンは、栄養豊富なミネラル・油性成分が圧倒的に多く、取りすぎると肝臓に負担をかけるといわれる鉄分が少ないのが特徴です。春ウコンなら、毎日安心してお飲みいただけます。
春ウコンは、五臓強化に良いと言われており、そのバランスの良さから、近年大きな注目を浴びています。

「春ウコンって体に良いってきますが、本当にきくんですか?」という質問がよくよせられます。現代医学では、まだ証明されていないことがあり、「癌に効く」、「糖尿病に効く」とはいえませんが、実際に春ウコンを飲んで、毎日元気に生活している方が、数多くいらっしゃいます。
国内の各研究機関でも、春ウコンについて、様々な研究が進められています。
また、右の本は、山形大学 客員教授松井 良業氏 及び、山形大学 客員教授・名誉教授粕渕 辰昭氏により2010 年秋に発表された春ウコン研究会の研究報告「ガンは癌にあらず」 ですが、癌だけではなく、成人病やうつ病など、数多くの臨床事例が報告されています。
●春ウコンについて詳しく知りたい方は、春ウコン研究会をご参照ください。
春ウコン研究会:http://www.haru-ukon.com/

うきうきウッキンは、古来に大自然豊かな沖縄県西表島(いりおもてじ ま)に持ち込まれ、その後、原生林に自生した春ウコンをもとに育てられたものを100%使用しています。
春ウコン「ウッキン」は、ミネラル豊かな原生林からあふれ出る水で育った、栄養価の高い春ウコンです。
西表島は90%が原生林であり、ウッキンが栽培されている畑の周りも原生林です。
原生林からあふれ出る、ミネラル豊かな水が栄養満点の畑をつくり、そこで力強く春ウコンが育ちます。
含有成分測定においてもカルシウムやナトリウムなどの必須ミネラル成分が、他の市販の春ウコンに比較し突出して多くなっています。
【うきうきウッキンの成分分析表はこちら】(日本食品分析センター)
うきうきウッキンは、沖縄県いりおもて島の原生林のかたわらで、大自然から流れ出る、ミネラル・栄養満点の「水」をそのまま吸収し、生産者様が手間隙かけて、無農薬・無化学肥料で、栽培したものを使用しています。
第三者機関による残留農薬検査試験においても、262項目の残留農薬が非検出となっております。【残留農薬試験結果】
さらに、収穫の際にも機械を使わずすべて手掘りで収穫されています。西表島に大自然の力を、そのまま蓄えて育っています。
うきうきウッキンは、独自技術の遠赤外線乾燥(約38℃)で3日間かけてじっくりと乾燥させ、酵素やミネラルをそのままに飲みやすく仕上げました。
遠赤外線の低温(約38度)乾燥により、酵素が壊れない状態で乾燥されパッケージされます。そのため、ローフードの春ウコンパウダーになっていますが、ここまで、乾燥方法にこだわった春ウコンは、世界中どこにもないのは間違いないようです。実際に、ほとんどの市販の春ウコンパウダーが高温乾燥による乾燥方法をとっているようです。
うきうきウッキンは、飲みやすい分包タイプ(1.5g/1包)で、飲む直前まで品質を保ち、外出時などにもご利用いただけます。
持病があり、日々の食事や健康管理に気をつけていましたが、少し無理をすると次の日は、疲れてしまい1日寝て過ごすことがよくありました。
いろんな、健康食品を粘り強く試しましたが、なかなか効果を実感することができませんでした。
そんなとき、友人の紹介でうきうきウッキンを飲み始めました。1日2包を飲み始めて、1、2ヶ月たったくらいから寝起きもすっきりして、前の日の疲れも感じないくらいになり、毎日元気に過ごしています。おかげで以前は疲れるから敬遠していた友人との旅行や子供や孫と遊びにいくことも増えて楽しい生活が送れるようになりました。
(山梨県在住 60代女性)
毎日残業や出張で、仕事に疲れて、週末はだらだらしていました。
妻が飲んでいた、うきうきウッキンを試してみましたが、最初は「苦い」というだけで継続して飲むことはしませんでした。その後、長期間体調をくずしたときに、半信半疑でしたが、うきうきウッキンを続けてのんでみたところ、なかなか良くならなかった体調がだんだん良くなり、仕事にも復帰し、今では風邪ひとつひかなくなりました
あたりまえのようにあった、体のだるさは、無くなり、今では毎日欠かさずウッキンを飲み、元気に仕事も家族サービスも楽しんでいます。
(神奈川県在住 30代男性)
最近ブログなどで、春ウコンが体にいいというのをよく目にするので、ずっと気になってました。そんな時、うきうきウッキンを知りすぐに試してみました。他の春ウコン粉と違っていやな匂いもなくさわやかな苦みで、私には飲みやすかったです。手足の冷えが悩みでしたが、飲むととっても体が温まり、汗が出てきたのには驚きました。
商品名がうきうきウッキンということですが、本当に毎日うきうき元気がでます。
(東京都在住 40代女性)
いざ!秘境、西表島のウッキン畑へ うきうきウッキンの秘密


●ウッキン生産者「石原和義」さんのインタビュー動画
沖縄県いりおもて島の原生林のかたわらで、無農薬・無化学肥料で真心こめて
育てられた春ウコン、 ウッキンの生産者さんのインタビューです。
1.生産者さんプロフィール
2.ウッキンとは?
3.いりおもて島の環境について
4.無農薬・無化学肥料栽培について
5.効果について(ご自身の体験など)
6.お客様へひとこと
お召し上がり方
●初めての方は、1 日1包を水またはお湯と一緒にお召し上がりください。
●体調に合わせて、1 日4 包まで増やしてお飲みいただくことができます。
●苦味が気になる方は、オブラートに包んでお召し上がりください。
●本品は、食品ですので、いつでもお召し上がり頂けます。

ご利用上の注意
●粉末を直接お飲みになると、のどにつまるおそれがありますのでご注意ください。
●本品は食品ですが、必要以上に大量に摂ることは、避けてください。
●稀に体質に合わないこともありますので、体調の優れない場合は、一時利用を中止してください。
●天然の素材原料を使用しているため、色、風味が変化する場合がございますが、品質に問題はございません。
●小児の手の届かない所へ保管してください。

ご予約購入の発送日について
●ご予約購入の商品の発送は、販売開始予定日の2012年3月1日から順次発送いたしますので、ご了承ください。
栄養成分(うっきん粉末100gあたり)
エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
ナトリウム
カルシウム
リン

マグネシウム
クルクミン
3 1 5 K c a l
1 1 . 6 g
5 . 2 g
6 4 . 4 g
5 1 . 4 m g
1 9 8 m g
6 1 0 m g
1 3 . 0 m g
2 5 2 m g
1 5 0 m g

●名称:春ウコン加工食品 ●原材料:春ウコン、乳酸菌
●原産地:沖縄県西表島 ●内容量(1箱):45g(1.5g×30 包)
●保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温保存してください。

放射能検査について
●「うきうきウッキン」は、第三者機関による放射能検出検査において、放射性物質は検出されておりません。
【放射能検査報告書】


今すぐお問い合わせする